Fluke ii900 産業用超音波カメラのリソース

空気漏れを簡単に検知

フルークは常に、より優れた方法があると確信しています。

現在の問題: 世界で工業用途に利用されるエネルギーのうち、最大 40% が圧縮空気システムの漏れにより失われています。世界的に、空気圧の低下に伴うエネルギー損失や機器の停止により、数十億ドルもが無駄に費やされています。

工業用途で空気漏れを検知する従来の方法は、時間がかかり、熟練の技術を要します。さらに悪いことには、生産時に避けるべき、機器の停止が必要になることもありました。 

ついに、優れた方法が登場しました。これからの漏れ検知へようこそ。 

現在のソリューション: Fluke ii900 産業用超音波カメラのご紹介

デモ版を入手

音の視覚化による節約の効果は、どれほどのものでしょうか?
Fluke ii900 産業用超音波カメラ発売。耳で聞こえない音を目で確認できます。

ii900 製品ページにアクセス

「ツールで検知された漏れ箇所の一部には疑いを持ったため、石鹸水をその箇所に吹き付けツールの性能を確認したのですが、検知結果のとおり、漏れがあることがわかりました」
- フルークのお客様

「当工場では、エア・ドライバー、ロボット溶接機、レーザー・カッター、粉体塗装機など、すべてに圧縮空気を利用しています」
- Hennessy Industries 社長 Joel Hartel 氏

さらに詳細な情報が必要な場合は、以下のリソースもご覧ください。