日本
プロセス校正器

プロセス校正器

化学処理、石油およびガス、製薬、飲食品製造などのプロセス環境での作業は、困難な作業になることがあります。プロセス機器の保守、構築、および校正には、特定の専門知識が必要であり、多くの場合、作業を適切に行うために特殊なプロセス校正器が必要です。業界で最も幅広いプロセス校正機器製品ラインを擁するフルークは、日々直面する課題に対応する適切な校正ツールを提供できます。

フルークのプロセス校正ツールには、圧力校正器多機能プロセス校正器、単機能および多機能温度校正器、さまざまなmA ループ校正器とメーターなど、あらゆる校正器およびトラブルシューティングツールが含まれています。フルークは、爆発性ガスが存在する可能性のあるプロセス領域に設置されている機器をテストする本質的安全プロセス校正器のフル・ラインを提供しています。高精度のベンチ校正器または校正標準器をお探しの場合は、フルーク・キャリブレーション Web サイトを参照してください。

デモ機貸出・見積はこちら

Fluke Calibration

Calibration tools

mA ループ校正器

Temperature calibrators

多機能校正器

Multi-function calibrators

圧力校正器

Pressure calibrators

温度校正器

Temperature calibrators
フルークのプロセス校正器を使用したコミッショニング、トラブルシューティング、校正

フルークのプロセス校正器を使用したコミッショニング、トラブルシューティング、校正

プロセス・デバイスは、プロセス・プラントの制御システムに重要な測定情報を提供します。これらのプロセス装置の性能は、多くの場合、プラント操業を最適化し、安全を維持するために非常に重要です。計装技術者や電気技術者が実施しようとしているのが、新しいプロセス装置のコミッショニングであろうと、既存のプロセス制御パネル、4 ~ 20 mA ループ、または圧力バルブのトラブルシューティングであろうと、圧力トランスミッター、温度トランスミッター、または HART トランスミッターの校正であろうと、フルークには、その仕事専用に設計されたプロセス校正機器があります。

プロセス装置のコミッショニング

プロセス装置のコミッショニング

プロセス・プラントでは、さまざまな理由で新しいプロセス装置のコミッショニングを実施します。たとえば、拡大する生産要件を満たすための新しい装置の設置、新しい業界標準を満たすためのシステムのアップグレード、不良のある装置と新品の装置の交換などです。コミッショニングの理由にかかわらず、これらの新しい装置は、当面の用途に合わせて適切に設定する必要があります。これは、システムをオンラインにする前に、装置の設定が設置場所の用途の要件と一致していることを検証することを意味します。さらに、技術者は、装置が送信および収集するデータが正確であることを確信できるように、校正メーターまたはプロセス校正器を使用して、装置が適切に校正されていることを確認する必要があります。

プロセス装置のトラブルシューティング

プロセス装置のトラブルシューティング

プロセスの一部に障害が発生した場合、または収集しているデータの精度が疑わしい場合は、トラブルシューティングが必要です。このようなときは、通常は問題を迅速に解決しないと、問題がさらに大きくなり、生産やプラントのダウンタイムが発生する可能性があります。適切なトラブルシューティングを行うには、プロセス校正機器を手に取って、問題の切り分けから始める必要があります。切り分けが完了したら、4-20 mA ループに変数を代入し、問題の原因をさらに絞り込めるか試します。そこから、装置が修理可能か、単純にプロセス校正器を使用して校正するだけで済むか、または装置を刷新し、新しい装置をコミッショニングする必要があるかどうかを判断する必要があります。

プロセス装置の校正

プロセス装置の校正

プロセス装置の校正は、プロセス校正器や校正メーターなど、既知の良好なリファレンス・ソースを使用して、プロセス機器の仕様を検証することから始まります。これらのリファレンス・ソースは、プロセス環境での使用を目的として特別に設計されており、テスト対象のデバイスの少なくとも 4 倍の精度を備えています。プロセス校正は、1 年を通していくつかの理由で実施されます。たとえば、トラブルシューティング・プロセスの中で、装置が問題の原因と特定されたとき、定期的なシステム・チェックの一部として、年次予防メンテナンス・プログラムの一貫としてなどです。プロセス装置は過酷な操業環境に設置されることが多いため、時間とともに性能が推移または変動することがあります。このため、性能を想定範囲内に保つため、定期的な校正を実施することを強くお勧めします。