Fluke 1732 および Fluke 1734 三相電力ロガー(この商品は現在国内で販売しておりません。)

  • Fluke 1732 および Fluke 1734 三相電力ロガー(この商品は現在国内で販売しておりません。) | Fluke
  • Fluke 1732 および Fluke 1734 三相電力ロガー(この商品は現在国内で販売しておりません。) | Fluke
  • Fluke 1732 および Fluke 1734 三相電力ロガー(この商品は現在国内で販売しておりません。) | Fluke
  • Fluke 1732 および Fluke 1734 三相電力ロガー(この商品は現在国内で販売しておりません。) | Fluke

主な機能

  • 主な測定項目: 電圧、電流、電力、力率、および電力品質に関連する測定値を自動的に捕捉/記録。
  • Fluke Connect® 対応: 本体でローカルにデータを表示するだけでなく、Fluke Connect モバイル・アプリやデスクトップ・ソフトウェア、またはお客様の施設の WiFi 環境もご利用になれます。
  • 電源供給の利便性: 測定回路から直接給電することができます。
  • 業界最高の安全性: 引込口および下流での測定に必要な 600 V CAT IV/1000 V CAT III に適合しています。
  • 三相をすべて測定: フレキシブル電流プローブ 3 個同梱。
  • 包括的なロギング: 20 を超えるロギング・セッションを個別に機器に保存できます。実際、測定値はすべて自動的に記録されるため、測定トレンドを見逃す心配がありません。また、ロギング・セッション中やダウンロードする前でも、リアルタイムにデータを確認できます。
  • ユーザー・インターフェースの最適化: グラフィックによるガイドですばやくセットアップして、常に適切なデータを捕捉できます。また、高度な確認機能で接続が適切かがわかるため、ユーザーの不安を軽減します。
  • 見やすいカラー・タッチ・スクリーン: 完全なグラフィカル表示により、現場で簡単にデータを分析/確認。
  • ユーザー・インターフェースの最適化: グラフィックによるガイド付き画面ですばやくセットアップして、毎回正しいデータを抽出。インテリジェントな検証機能で接続の不安も軽減。
  • 正面パネルまたは Fluke Connect からすべてのセットアップを「現場」で実行可能: ダウンロードやセットアップのために作業場に戻る、あるいはコンピューターを電気パネルまで持ち運ぶのは不要。
  • ロギング機能の完全な統合: 他の Fluke Connect デバイスをFluke 1734 に接続して、最大 2 台の測定パラメータを同時に記録できます。Fluke Connect ワイヤレス・デジタル・マルチメーターまたはモジュールを使用すれば、事実上どのパラメータでも利用できます。*
  • Energy Analyze Plus アプリケーション・ソフトウェア: 自動レポート機能により、エネルギー消費に関するあらゆる詳細なデータをダウンロード、解析できます。

*地域によっては販売されていない機種もあります。最寄りのフルーク代理店までお問い合わせください。

目的・用途に合った三相ロガーをお選びください。

三相電力ロガー三相電力ロガー
機能Fluke 1732 電力ロガーFluke 1734 電力ロガー1736 電力ロガーFluke 1738 電源品質ロガー
負荷の調査
エネルギー評価
ニュートラル電流測定 (4 つの電流チャンネル)
高調波測定
電圧イベント捕捉
高度な解析機能:
波形および突入電流の補足
電力品質解析 (EN51060 準拠)
アップグレード・パッケージ*
IEEE519 全高調波歪み測定オプション (別売品)オプション (別売品)
Fluke Connect® と完全に統合されたログ機能アップグレード・パッケージ*アップグレード・パッケージ*
WiFiオプション (別売品)
Wi-Fi/Bluetoothオプション (別売品)オプション (別売品)
磁気プローブ・セットオプション (別売品)オプション (別売品)
磁石式ハンガーオプション (別売品)オプション (別売品)
WiFi ルーター経由の接続製品登録時に利用可能な無料のソフトウェア・ライセンスが必要です。製品登録時に利用可能な無料のソフトウェア・ライセンスが必要です。

*アップグレード・パッケージが用意されているため、既存の 1732 電力ロガーを同等の機能を持つ Fluke 1734 電力ロガーにアップグレードしたり、同等の機能を持つ既存の Fluke 1736 電力ロガーをFluke 1738 アドバンスト電力ロガーにアップグレードすることもできます。 Fluke 1732 およびFluke 1734 電力ロガーについては、1736 および 1738 電力ロガーの機能でアップグレードすることはできません。
アップグレード・パッケージの詳細については、販売代理店までお問い合わせください。

製品概要: Fluke 1732 および Fluke 1734 三相電力ロガー(この商品は現在国内で販売しておりません。)

当製品は近日発売予定です。

Fluke 1732 および 1734 三相電力ロガーを使用すると、電力がどこで浪費されているかが簡単にわかります。引込口から個々の回線まで、設備内のどこでいつ電力が消費されているかわかります。Fluke Connect® アプリ経由で離れた場所からでもデータにアクセスしてチームで共有できるため、安全な作業距離を確保しながら、リアルタイムで重要な意思決定が可能です。面倒な防護具の着用、現場への立ち入りやチェックインの手間が省かれます。

設備全体にわたって電力使用をプロファイリングすることで、電力節約の機会を特定し、対策を講じるのに必要なデータが提供されます。新しい Energy Analyze ソフトウェアを使用すると、一定期間の複数のデータ・ポイントを比較して、電力使用の全体像を把握することができます。これは、電力コスト削減に向けた第一歩となります。

仕様: Fluke 1732 および Fluke 1734 三相電力ロガー(この商品は現在国内で販売しておりません。)

仕様
確度
パラメーター範囲分解能基準条件での固有確度 (読み値の % + フル・スケールの %)
電圧1000 V0.1 V±(0.2% + 0.01%)
電流: 直接入力i17xx-flex 1500 12"150 A0.1 A±(1% + 0.02%)
1500 A1 A±(1% + 0.02%)
i17xx-flex 3000 24"300 A1 A±(1% + 0.03%)
3000 A10 A±(1% + 0.03%)
i17xx-flex 6000 36"600 A1 A±(1.5% + 0.03%)
6000 A10 A±(1.5% + 0.03%)
i40s-EL クランプ4 A1 mA±(0.7% + 0.02%)
40 A10 mA±(0.7% + 0.02%)
周波数42.5 Hz ~ 69 Hz0.01 Hz±(0.1%)
外部入力±10 V dc0.1 mV±(0.2% + 0.02%)
最小/最大電圧1000 V0.1 V±(1% + 0.1%)
最小/最大電流アクセサリーにより定義アクセサリーにより定義±(5% + 0.2%)
電圧の THD1000%0.1%±0.5
電流の THD1000%0.1%±0.5
固有の不確かさ ±(読み値の % + レンジの %)¹
パラメーター影響量iFlex1500-12iFlex3000-24iFlex6000-36i40s-EL
150 A/1500 A300 A/3000 A600 A/6000 A4 A/40 A
有効電力 PPF ≥ 0.991.2% + 0.005%1.2% + 0.0075%1.7% + 0.0075%1.2% + 0.005%
有効エネルギー EaPF ≥ 0.991.2% + 0.005%1.2% + 0.0075%1.7% + 0.0075%1.2% + 0.005%
皮相電力 S0 ≤ PF ≤ 11.2% + 0.005%1.2% + 0.0075%1.7% + 0.0075%1.2% + 0.005%
皮相エネルギー Eap0 ≤ PF ≤ 11.2% + 0.005%1.2% + 0.0075%1.7% + 0.0075%1.2% + 0.005%
無効電力 Q0 ≤ PF ≤ 1測定された有効電力の 2.5%
無効エネルギー Er0 ≤ PF ≤ 1測定された有効電力の 2.5%
力率 PF-±0.025
変位力率-±0.025
DBF/cosϕ-±0.025
追加される不確かさ (レンジの %)¹V P-N>250 V0.015%0.0225%0.0225%0.015%
¹レンジ = 1000 V x 電流レンジ
基準条件:
  • 環境: 23 °C ±5 °C、少なくとも 30 分間機器を作動後、外部電磁場の影響がないこと、相対湿度 <65%
  • 入力条件: CosΦ/PF=1、正弦波信号 f=50 Hz/60 Hz、電源 120 V/230 V ±10% 。
  • 電流および電源の仕様: 入力電圧 1 相: 120 V/230 V または 3 相 ワイ/デルタ: 230 V/400 入力電圧: I > 電流レンジの 10%
  • クランプまたはロゴウスキー・コイルの一次導体は中央の位置
  • 温度係数: 28 °C を超える場合、または 18 °C 未満の場合、1 °C ごとに (0.1 x 仕様確度) を追加
 
電気的仕様
電源
電圧レンジ100 V ~ 500 V (測定回路から電力供給し、安全プラグ入力を使用)
100 V ~ 240 (標準の電源コード (IEC 60320 C7) を使用)
電力消費最大 50 VA (IEC 60320 入力を使用する場合、最大 15 VA)
効率≥ 68.2% (エネルギー効率規制に基づく)
無負荷の最大消費< 0.3 W (IEC 60320 入力を使用して電力供給する場合のみ)
コンセント電源周波数50/60 Hz ±15%
バッテリーリチオムイオン 3.7 V、9.25 Wh、ユーザーにて交換可能
バッテリー装着時の稼働時間標準作動モードで 4 時間、節電モードで最大 5.5 時間
充電時間6 時間未満
データ収集
分解能16 ビット同期サンプリング
サンプリング周波数50/60 Hz で 10.24 kHz、電源の周波数に同期
入力信号周波数50/60 Hz (42.5 ~ 69 Hz)
回路の種類1-φ、1-φ IT、分相、3-φ デルタ、3-φ ワイ、3-φ ワイ IT、3-φ ワイ平衡、3-φ Aron/Blondel (2 要素デルタ)、3-φ オープン・デルタ・レグ、電流のみ (負荷調査)
データ保存内蔵フラッシュ・メモリー (ユーザー交換不可)
メモリー・サイズ一般的な 10 回のロギング・セッションに対応 (8 週間、1 分間隔、500 イベント)¹
可能なロギング・セッションとロギング・ピリオドの数は、ユーザー要件によって異なります。
基本間隔
測定されるパラメータ電圧、電流、Aux、周波数、THD V、THD A、出力、出力係数、基本出力、DPF、エネルギー
平均化期間ユーザー選択可能: 1秒、5 秒、10 秒、 30 秒、1 分、5 分、10 分、15 分、30 分
最小値/最大値の平均時間電圧、電流: 全周期 RMS (半周期ごとに更新)、AUX、電力: 200ms
デマンド間隔 (エネルギー・メーター・モード)
測定されるパラメータエネルギー (Wh、varh、VAh)、PF、最大デマンド、エネルギー・コスト
間隔ユーザー選択可能: 5 分、10 分、15 分、20 分、30 分、オフ
規格適合
電源IEEE 1459
インターフェイス
USB-AUSB フラッシュ・ドライブ経由でのファイル転送、ファームウェア更新
最大電流: 120 mA
WiFi直接接続または WiFi 設備経由でのファイル転送およびリモート・コントロール
BluetoothFluke Connect® 3000 シリーズ・モジュールからの補助測定データの読み取り (1734、または 1732 アップグレード・オプションが必要)
USB-miniPC へのデータ・ダウンロード・デバイス
電圧入力
入力数4 (三相およびニュートラル)
最大入力電圧:1000 Vrms、CF 1.7
入力インピーダンス10 MΩ
帯域幅 (-3 dB)42.5 Hz ~ 3.5 kHz
スケーリング1:1、可変
測定カテゴリー1000 V CAT III/600 V CAT IV
電流入力
入力数3、接続されたセンサーに合わせてモードは自動的に選択される
入力電圧クランプ入力: 500 mVrms/50 mVrms; CF 2.8
ゴロウスキー・コイル入力150 mVrms/15 mVrms (50 Hz)、180 mVrms/18 mVrms (60 Hz)、CF 4、すべて公称プローブ・レンジ
範囲1 A ~ 150 A/10 A ~ 1500 A、 フレキシブル電流プローブ i17XX-flex1500 12"
3 A ~ 300 A/30 A ~ 3000 A、 フレキシブル電流プローブ i17XX-flex3000 24"
6 A ~ 600 A/60 A ~ 6000 A、 フレキシブル電流プローブ i17XX-flex6000 36"
40 mA ~ 4 A/0.4 A ~ 40 A、40 A クランプ i40s-EL
帯域幅 (-3 dB)42.5 Hz ~ 3.5 kHz
スケーリング1:1、可変
補助入力
入力数="2"
入力レンジ0 ~ ±10 V dc、毎秒 1 回測定
スケール係数 (2014 年提供)形式: mx + b (ゲインとオフセット)、ユーザー設定可能
表示単位 (2014 年提供)ユーザー構成可能 (7 文字、たとえば °C、psi、m/s)
ワイヤレス接続
入力数="2"
対応モジュールFluke Connect® 3000 シリーズ
アクイジション1 読み値/秒
環境仕様
作動温度-10 °C ~ +50 °C
保管温度-20 °C ~ +60 °C (-4 °F to 140 °F), バッテリー装着時: -20 °C to +50 °C (-4 °F to 122 °F)
作動湿度最大 10 °C ~ 30 °C95% RH
最大 30 °C ~ 40 °C75% RH
最大 40 °C ~ 50 °C45% RH
作動高度2000 m (1000 V CAT II/600 V CAT III/300 V CAT IV に出力を下げると最大 4000 m)
保管高度12,000 m
筐体IP50、EN60529
振動MIL-T-28800E、Type 3、Class III、Style B
安全性IEC 61010-1
IEC 電源入力 過電圧カテゴリー II、汚染度 2
電圧端子 過電圧カテゴリー IV、汚染度 2
IEC 61010-2-031: CAT IV 600 V / CAT III 1000 V
電磁両立性EN 61326-1: Industrial CISPR 11: グループ 1、クラス A
韓国 (KCC): クラス A 機器 (産業用放送通信機器)
米国 (FCC): 47 CFR 15 サブパート B。本製品は 15.103 条項により免除機器と見なされます。
温度係数:0.1 x 仕様確度/°C
一般仕様
カラーLCDディスプレイ4.3 インチのアクティブ・マトリックス TFT、480 ピクセル x 272 ピクセル、抵抗膜方式タッチ・パネル
保証本体および電源: 2 年 (バッテリーは含まず)
アクセサリー: 1 年
校正周期: 2 年
外形寸法本体: 19.8 x 16.7 x 5.5 cm
電源ユニット: 13.0 x 13.0 x 4.5 cm
電源ユニット装着時: 19.8 x 16.7 x 9 cm
重量本体: 1.1 kg
電源ユニット: 400 g
外部保護ケンジントン・ロック・スロット
i17xx-flex 1500 12” フレキシブル電流プローブの仕様
測定レンジ1 ~ 150 A ac/10 ~ 1500 A ac
非破壊電流100 kA (50/60 Hz)
基準条件での固有誤差*測定値の ± 0.7%
確度 173x + iFlex±(読み値の 1% + レンジの 0.02%)
作動温度レンジに対する温度係数測定値の 0.05%/°C
作動電圧CAT III 1000 V 、CAT IV 600 V
プローブ・ケーブル長305 mm
プローブ・ケーブル直径7.5 mm
最小曲げ半径38 mm
出力ケーブル長2 m
重量115 g
プローブ・ケーブルの材質TPR
継手の素材POM + ABS/PC
出力ケーブルTPR/PVC
作動温度-20 °C ~ +70 °C テスト下での導体の温度は 80 °C を超えてはならない
温度、非作動時-40 °C ~ +80 °C (-40 °F ~ 176 °F)
相対湿度、作動時15%〜85%、結露なし
IP 保護等級IEC 60529:IP50
保証1 年間
*基準条件:
  • 環境: 23 °C ±5 °C、外部電磁場の影響がないこと、相対湿度 65%
  • 主要導体は中央の位置