Fluke 715 電流・電圧校正器

  • Fluke 715 電流・電圧校正器 | Fluke

主な機能

機能の概要

  • 0.015 % および 1 mA 分解能の高確度で、ループ電流 (0 ~ 20 mA、4 ~ 20 mA) 信号を測定
  • PLC、トランスミッターからの電圧出力プロセス信号を測定
  • 24 mA のループ電流を発生またはシミュレート
  • 100 mV または 10 V の電圧を発生
  • 24 V のループ供給ありの同時電流測定
  • 電圧および電流の測定・発生の確度が向上
  • 使用可能時間が前モデルから向上
  • ループ電力ありの 250 Ω HART 抵抗器
  • ホルスターにテスト・リードを収納
  • ツールパックにマグネットで取り付け可能
  • ステップおよび直線ランプ出力機能
  • 設定可能な 0 およびスパン設定
デモ機貸出・見積はこちら今すぐ購入

製品概要: Fluke 715 電流・電圧校正器

Fluke 715 電流・電圧校正器は、並外れた性能、耐久性、信頼性を実現します。堅牢な Fluke 80 シリーズ DMM パッケージで提供される本校正器は、コンパクトかつ軽量で、簡単に持ち運べます。715 は、多機能の Fluke 740 シリーズの プロセス校正器 に似たプッシュ・ボタン・インターフェースを持っており、使いやすい製品です。EMI 耐性、防塵・防水性に優れており、電池ケースの蓋を取り外してすばやく電池を交換できます。

仕様: Fluke 715 電流・電圧校正器

機能仕様
mV の測定/発生
レンジ: 0 ~ 200 mV
分解能: 0.01 mV
確度: 0.015 % + 2 カウント
V の測定/発生
レンジ: 0 ~ 20 V
分解能: 0.001 V
確度: 0.01 % + 2 カウント
mA の測定/発生/シミュレート (スパンの %)
レンジ: 0 ~ 24 mA (-25 % ~ 125 %)
分解能: 0.001 mA
確度: 0.01 % + 2 カウント
 注: シンク (トランスミッターをシミュレートする) ディスプレイ mA あるいはスパンの %
仕様
ループ電源
レンジ: 24 V DC
確度: ± 10 %
 注: ドライブ、> 6.8 V 電池用に 1000 Ω へ 20 mA、5.8 ~ 6.8 V 電池用に 700 Ω
ディスプレイ
 鮮明な 5 桁 LCD
環境仕様
作動温度
 -10 °C ~ 55 °C
保管温度
 -40 ° ~ 60 °C
湿度 (結露なし)
 95 % (10 °C ~ 30 °C)
 75 % (30 °C ~ 40 °C)
 45 % (40 °C ~ 50 °C)
 35 % (50 °C ~ 55 °C)
作動高度
 最大 3,000 m
安全に関する情報
安全性
 CSA C22.2 No.1010.1:1992
機械/一般仕様
サイズ
 長さ 187 mm x 幅 87 mm x 奥行 32 mm
重量
 約330 g
保証期間
 3 年
衝撃と振動
 ランダム、2 G、5 ~ 500 Hz
 1 m 落下テスト
バッテリー・タイプ
 9 V 電池 1 本 (ANSI/NEDA 1604A または IEC 6LR619V アルカリ電池)

モデル: Fluke 715 電流・電圧校正器

Fluke 715

電流・電圧校正器の内容:

購入する

電流・電圧校正器の内容:

  • テスト・リードを保管できる保護用黄色ホルスター
  • 取扱説明書 (14 言語)
  • 9 V アルカリ電池 1 個
  • ワニ口クリップ付きテスト・リード
  • NIST トレーサブル校正レポートおよびデータ