Fluke 710 mA ループ・バルブ・テスター

  • Fluke 710 MA ループ・バルブ・テスター | Fluke
  • Fluke 710 MA ループ・バルブ・テスター | Fluke
  • Fluke 710 MA ループ・バルブ・テスター | Fluke
  • Fluke 710 MA ループ・バルブ・テスター | Fluke

主な機能

  • 主なバルブ・テスト機能: バルブ・シグナチャ・テスト、速度テスト、ステップ ・テスト、手動テスト、衝撃/ パーシャル・ストローク・テスト
  • 主な mA ループ校正器機能: mA ソース、mA シミュレート、mA 読み取り、mA 読み取り/ループ電源、電圧読み取り
  • ValveTrack™ ソフトウェア: PC にアップロードして、メモリーに記録されたバルブ測定を詳細に分析可能
デモ機貸出・見積はこちら今すぐ購入

製品概要: Fluke 710 mA ループ・バルブ・テスター

スマート・コントロール・バルブのテストがより簡単に

Fluke 710 バルブ・テスト・ループ校正器は、HART スマート・コントロール・バルブのテストを速く簡単に行うための装置です。710 には、テスト手順と直感的なユーザー・インターフェースが内蔵されており、バルブ・テストを速く簡単に実施できます。さらに、バルブ・テスト・クイックチェック結果で診断結果がすぐにわかり、メンテナンス上の決断を従来よりも速く下せます。バルブ状態のクイックチェック結果により、バルブの運転状態が良好、限界、異常かを判断できるため、追加のメンテナンスが必要かどうかを速く判断できます。

バルブ・テストと HART 通信を精密ループ校正器で

HART 通信機能を内蔵する 710 バルブ・テスト・ループ校正器を使うと、4~20 mA の信号を発して、スマート・コントロール・バルブを動かし、同時にバルブからの HART フィードバック信号を解釈して、バルブが想定の位置に動いているか調べることができます。位置情報のほか、バルブの内部 I/P (バルブを動かす I/P) から送られる測定圧力値を HART 通信プロトコルにより判定できます。

710 にはテスト手順が内蔵されており、mA 信号を自動的に増幅、変更するほか、HART 位置とコントロール・バルブからの圧力フィードバックを監視します。ボタンを 1 つ押すだけで、バルブ状態の全体像をより良く把握できます。

バルブ・テストを設定済み、一目でわかる結果

710 には、以下のバルブ・テスト・ルーチンが組み込まれています。

  • 手動テスト: mA 信号を手動で変更して、HART 位置と圧力変動情報を表示
  • 4 - 20 - 4 mA の mA 信号全範囲。さらに 0 - 100 - 0% の位置、あるいはバルブを 0 - 100 -0% 動かす圧力を記録
  • 入力の mA 信号をバルブへ段階的にステップして、バルブの mA 入力変化に対する応答を評価
  • バルブの開閉速度を判定する速度テスト
  • 作動範囲の各部でバルブをテストして、実際のプロセスをライブでテストできる衝突/パーシャル・ストローク・テスト

詳細な解析やトレンド分析が可能なValveTrack™ ソフトウェア

710 のメモリーに記録されたバルブ・テストを、付属の ValveTrack™ 分析ソフトウェアにアップロードできます。

ValveTrack™ ソフトウェアでは、以下のことができます。

  • 現場で記録されたバルブ・テストをアップロード、印刷、グラフ化
  • 以前アップロードしたテストと最近のテストを比較
  • バルブ・テスト履歴を HART タグ ID 別に表示
  • バルブ・テスト・データを CSV 形式でエクスポートすれば Microsoft Excel® でさらなる解析が可能

時間短縮、簡単に解決

他にも 710 には次の特長があります:

  • 現場での HART データのログ記録。710 を使って現場で記録しておけば、ValveTrack™ ソフトウェアにより、工場にある最大 20 台の HART 装置の HART 設定をアップロードしたり、データを .csv または.txt 形式で出力したりできます。
  • データとして記録された mA ループ測定値や HART データを、特定の伝送器から記録してトラブルシュートやループ調整に使用できます。データ・ログ記録機能では、記録の取得間隔を 1 ~ 60 秒で選択でき、4910 レコードまたは 99 の個別セッションをログ記録できます。各レコードには、mA 測定と 4 つのプロセス変数が含まれます。

製品の特長

  • バルブ・テストにより、コントロール・バルブの状態を良好、限界、異常で評価
  • 一般的な HART 通信に対応
  • 測定値や源値の mA 精度がクラス最高の 0.01 %
  • コンパクトで頑丈な設計
  • 直観的なユーザー・インターフェースと Quick-Set ノブで、セットアップが簡単で使いやすい
  • 24 V DC ループ電源と mA 測定モード (-25 % ~ 125 %)
  • 分解能は mA レンジで 1 µA、電圧レンジで 1 mV
  • 選択可能な HART 通信用 250 Ω 抵抗内蔵
  • シンプルな 2 線接続であらゆる測定に対応
  • 自動シャットダウンでバッテリー消費を節約
  • 可変ステップと秒単位の連続可変時間

HART 通信

Fluke 710 には、以下の HART コマンド通信用の HART モデムが内蔵されています。

  • センサーの PV 情報の読み取り
  • PV 出力情報の読み取り
  • PV ユニット・タイプ、タグ ID 名、ディスクリプタおよびメッセージを読み取り/書き込み
  • PV レンジの読み取り/書き込み (上限と下限)
  • 固定電流モードの開始/終了
  • ゼロ・オフセットの設定
  • DAC ゼロのトリミング (mA 出力 4 mA)
  • DAC ゲインのトリミング (mA 出力 20 mA)

バルブ対応 HART コマンド

710 には、コントロール・バルブに対応する独自の HART コマンドが組み込まれています。

  • バルブ・コントローラーの自動トリミング

さらに、Fluke 710 には以下の機能があります。

  • 現場での HART データのログ記録。710 を使って現場で記録しておけば、ValveTrack™ ソフトウェアにより、工場にある最大 20 台の HART 装置の HART 設定をアップロードしたり、データを .csv または.txt 形式で出力したりできます。
  • データとして記録された mA ループ測定値や HART データを、特定の伝送器から記録してトラブルシュートやループ調整に使用できます。データ・ログ記録機能では、記録の取得間隔を 1 ~ 6 秒で選択でき、4910 レコードまたは 99 の個別セッションをログ記録できます。各レコードには、mA 測定と 4 つのプロセス変数が含まれます。

仕様: Fluke 710 mA ループ・バルブ・テスター

詳細仕様
機能mA ソース、mA シミュレート、mA 読み取り、mA 読み取り/ループ電源、電圧読み取り。
レンジmA (0 ~ 24 mA) および電圧 (0 ~ 30 V DC)
分解能mA レンジで 1 µA、電圧レンジで 1 mV
精度全範囲で 0.01% ± 2 カウント (23 °C ± 5 °C 時)
作動温度範囲-10°C ~ 55°C
湿度範囲10 ~ 95% (結露なきこと)
安定度F.S./°C の 20 ppm、-10 °C ~ 18 °C および 28 °C ~ 55 °C
ディスプレイ128 x 64 ピクセル、LCD グラフィック、バックライト付き、数字の高さ 0.34 インチ
電源単 4 アルカリ電池 6 本
電池寿命40 時間の連続使用 ( アルカリ電池使用時の測定モード)
ループ・コンプライアンス電圧24 V DC @ 20mA
過電圧保護240 V AC
過負荷電流保護28 mA DC
EMCEN61326 Annex A (ポータブル装置)
寸法 (L x W x D)15 x 9 x 3 cm. (6 x 3.6 x 1.3 in)
重量0.3 kg (9.5 oz)
付属アクセサリートレーサブル校正証明書 ( データ、バッテリー、テスト・リード、USB アップロード・ケーブル、 安全マニュアル付き)
保証期間3 年

モデル: Fluke 710 mA ループ・バルブ・テスター

Fluke-710 mA ループ・バルブ・テスター
HART 通信に対応したバルブ・テスト・ループ校正器
購入する
  • スタック可能なテスト・リード・セット
  • ロング・タイプのワニ口クリップ・セット
  • TP220 テスト・プローブ
  • AC280 SureGrip™ フック・クリップ
  • Lemo - USB アップロード/ダウンロード・ケーブル
  • ValveTrack™ ソフトウェア (無料ダウンロード)
  • ソフトケース
  • 単 4 電池 6 本 (装着済み)
  • 709/709H/710 製品マニュアル CD-ROM
  • 709/709H/710 クイック・リファレンス・ガイド
  • 709/709H/710 安全に関する情報