CFM空気漏れ検知器により機器停止を防止する方法

05-16-2019 |

フルークは、空気漏れについてメーカーにインタビューしました。このメーカーは、文字通り商業活動の原動力として活躍しています。この企業は世界最大クラスのホイール・サービス機器のアフターマーケット・メーカーとして、信頼される著名ブランド名で製品の設計、製造、販売を実施しています。

Fluke ii900 産業用超音波カメラ

約 13,935 平方メートルを擁するこのメーカーの工場の多くの工程で圧縮空気が活用され、約 400 個のツールが稼働しています。圧縮空気はすべて、200 馬力のコンプレッサーから供給されています。「当工場では、エア・ドライバー、ロボット溶接機、レーザー・カッター、粉体塗装機など、すべてに圧縮空気を利用しています」と、このメーカーの社長は説明します。圧縮空気の利用には、騒音と空気漏れが伴います。

エネルギーの無駄の管理

空気漏れがあると、圧縮空気で駆動する機器の酷使により不具合が発生し、エネルギーの無駄につながります。過去数十年の間、複数の工場の統合により、古い機器がこの工場に集まったため、空気漏れの可能性がさらに高まっています。騒音の大きい環境では、音で空気漏れを検出するのは非常に困難なため、漏れ検知は通常、工場終業後に実施します。

「通常、非操業時やメンテナンス停止時など、騒音がほぼなくなるまで待って、音で空気漏れを最大限検知するよう努めています」と、メンテナンス管理者は説明します。「また、空気漏れがあると思われる場所に石鹸水を吹き付けて、泡を確認しています。」石鹸水を吹き付ける方法では、メンテナンス・チームのメンバーが漏れの可能性のある場所付近で、音を確認して、石鹸水を吹き付けます。

圧縮空気漏れの検知には、超音波漏れ検知器を使う方法もあります。この方法には熟練の技術者が必要で、漏れをすべて検知するまで長時間かかります。少量の漏れは人間の耳ではほとんど検知できないうえに、漏れ箇所は必ずしもアクセスしやすい場所にあるとは限りません。漏れ検知は、気の遠くなるような作業になり得るのです。

非可聴音を視覚化

フルークは、Fluke ii900 産業用超音波カメラのテストについて、このメーカーに打診しました。この機器は、騒音のある環境でも 50 m 離れた位置から漏れ箇所を正確に特定できます。メーカーは当初懐疑的でしたが、テストを前向きに受けてくれました。

テストは、メンテナンス・リーダーとメンテナンス技術者が担当しました。8 時間の間交代でテストを実施し、ii900 産業用超音波カメラ 2 台を使って、工場全体で漏れを調査しました。ii900 を使用して、ホース、継手、接続部の漏れをスキャンして、音を視覚化します。漏れ調査の結果に、このメーカーのチームは驚きました。

わずか 1 日で、大小合わせて約 143 の漏れ箇所が検出されたのです。

「ツールで検知された漏れ箇所の一部には疑いを持ったため、石鹸水をその箇所に吹き付けツールの性能を確認したのですが、検知結果のとおり、漏れがあることがわかりました」と、メンテナンス技術者は振り返ります。

メンテナンス管理者は、ごくわずかな漏れでも検知する ii900 の能力に特に感銘を受けました。「わずかな漏れはなかなか検知できません」と、管理者は指摘します。「ii900 を使用すると、石鹸水の吹き付けでは検知できない漏れも検知できることがわかりました。塗装室後ろの空気ラインに 1 箇所漏れを発見しましたが、手をかざしても、耳を澄ましても、検知できませんでした。しかし、しばらく前からこの漏れがあったのは明らかです。」

ii900 には超小型の高感度マイクを備えた音響アレイが内蔵されており、周波数当たりデシベル・レベルのスペクトルを生成します。この出力に基づいて、アルゴリズムにより SoundMap™ と呼ばれる音響画像を計算し、可視画像に重ねて表示します。SoundMap は、バックグラウンド・ノイズが除去されるよう、選択された周波数レベルに基づいて自動的に適用されます。SoundMap 画面は、1 秒間に 10 ~ 20 回更新されます。

離れた場所から空気漏れを検出

この工場のチームでは、頭上 8 メートルの空気ラインの漏れもすばやく特定しました。

「フルークの超音波カメラを使うと、通路を進みながら、頭上をスキャンするだけで、とても簡単に、すばやく漏れを検知できることに驚きました」と、メンテナンス管理者は話します。

なかなか検知できない漏れを発見できるほかにも、ii900 の導入で時間とコストを大幅に節約できるとメンテナンス・チームは確信しています。「最初の 1 回で大多数の漏れ箇所を発見して、修復できるため、工場全体のフォローアップやスキャンも 8 時間の 1 シフトで完了できると考えています。」終業後ではなく、通常のシフト時に空気漏れをスキャンできるため、残業コストを節約できます。

また、エネルギーの節約と機器の摩耗低減にもつながります。「空気漏れにより、多額の損失が生じます」と、メンテナンス管理者は指摘します。「漏れ箇所の特定は非常に難しいため、修理のためメンテナンス・チームを適切な場所に案内するのは容易ではありません。フルークの超音波カメラで漏れ箇所の写真を撮影し、メンテナンス・チームに作業指示書の一部として送付できる機能は、特に有益です。フルークのカメラ導入により、人件費とエネルギー・コストの両面を大幅に節約できると考えています。」

関連リソース