赤外線レンズ

赤外線レンズを使用することで、サイズや距離による制限のために、標準レンズでは観測が困難な対象も検査できるようになります。

Fluke の高性能シリーズおよび研究開発向けシリーズ・サーモグラフィーでは、豊富なアドオン・レンズが用意されています。TiX580、TiX560、TiX520、Ti480、Ti400、Ti300、および Ti200 サーモグラフィー用のレンズは、スマート・レンズです。つまり、特定の機種に合わせて校正を行なう必要がなく、対応する機種同士で交換して使用できます。そのため、レンズに合わせて校正を行なうために機器を返送する手間が省けるだけでなく、複数のサーモグラフィーで 1 つのレンズを共有することもできます。† Fluke のすべての赤外線レンズの光学ガラスは、高度な技術によりコーティングされた、検出器へのエネルギーの転送効率が最も優れた素材である、ダイヤモンド・ターニング加工による純度 100% のゲルマニウムを使用して製造されています。