Fluke Calibration 9150 Thermocouple Furnace

  • Fluke Calibration 9150 Thermocouple Furnace | Fluke

主な機能

9150 の安定性は ± 0.5 °C、温度レンジは 1200 °C まで、表示確度はレンジ全体にわたり ± 5 °C です。

温度ブロックは交換可能で、最小で直径 1.6 mm の熱電対をチェックできます。9150 は、115 VAC 電源または 230 VAC 電源で作動します。

9150 Thermocouple Furnace は Hart 独自のマイクロプロセッサーを使ったコントローラを使用しており、優れた安定性と設定温度確度を実現します。ウエルのインサートは用途に合わせて着脱可能です。また、短い冷却時間と加熱時間を誇ります。PC との接続には、付属の RS-232 ポートをご使用いただけます。

非常にコスト効果が高いので、熱電対もチェックできるようになります。本体の価格を抑えるために、不必要な機能や、使用できないような機能は付いていません。各ユニットは工場で校正されており、テスト・データと NIST トレーサブル校正証明書が付属します。

デモ機貸出・見積はこちら今すぐ購入

製品概要: Fluke Calibration 9150 Thermocouple Furnace

コストを抑えた熱電対温度炉
  • コストを抑えた熱電対温度炉
  • NIST トレーサブル校正証明書が付属
  • RS-232 ポートを標準装備
産業用熱電対を校正するうえで、他社の温度炉に満足していない方や、新しくて使いやすく、そして何よりも低価格の温度炉をお探しの方は、ぜひ、Hart Scientific のモデル 9150 Thermocouple Furnace をご検討ください。

仕様: Fluke Calibration 9150 Thermocouple Furnace

一般仕様

温度範囲150 °C ~ 1200 °C
表示分解能999.9 ° までは 0.1 °
1000 ° を超えると 1 °
安定性± 0.5 °C
表示確度± 5 °C
ウエル直径32 mm
ウエル深さ140 mm (着脱可能インサート 101 mm と断熱材 38 mm)
加温時間1200 °C まで 35 分
冷却時間ブロックで 140 分
ウエル間均一度± 2.5 °C (1200 °C でインサート "C" の場合)
安定性20 分
電源115 VAC (± 10 %)、10.5 A または 230 V AC (± 10 %)、5.2 A、切り替え可能、50/60 Hz、1200 W
サイズ (高さ x 幅 x 奥行)315 x 208 x 315 mm
重量13 kg
NIST トレーサブル・ケーブル150 °C、300 °C、450 °C、600 °C、800 °C、1000 °C、1200 °C でのデータ

モデル: Fluke Calibration 9150 Thermocouple Furnace

Fluke 9150
Fluke Calibration 9150 Thermocouple Furnace
購入する

リソース: Fluke Calibration 9150 Thermocouple Furnace