多忙なエレベーター電子技術者の時間を節約する新型 Fluke モーター・ドライブ・アナライザー

名前: 大手エレベーター・メーカーの電子技術者

ツール: Fluke MDA-550 モーター・ドライブ・アナライザー

課題: オシロスコープで変速ドライブのセットアップとトラブルシューティングを迅速化したい。

解決方法: Fluke MDA-550 モーター・ドライブ・アナライザーでは、分かりやすい図による適切なセットアップ、定義済みのテスト手順とステップごとの指示により、エレベーターのモーター・ドライブのトラブルシューティングが短時間で効率よく行えます。

世界最大手のエレベーター・メーカーは、西ドイツで 5,000 を超える設備を管理しています。これらのエレベーターは、オフィス・タワー、病院、学校、高層アパートなど、あらゆる種類のビジネス・ビルと商業ビルに設置されています。ビルの労働者や住人は、毎日をエレベーターに頼っています。停止時間は最小に抑えなくてはなりません。

同社のメンテナンス・チームは多くの総合技術者を揃え、予防メンテナンス、故障のトラブルシューティングと修理のほか、事後検証により将来の問題を予防するための方法を学んでいます。この総合技術者のほかに、5 名の電子装置専門の技術者が全エリアをカバーしています。彼らは主に、エレベーターの円滑な運転を維持するために、高度化しつつある制御システム、荷重装置、変速ドライブのトラブルシューティングを担当しています。

エレベーターの昇降のメンテナンス

エレベーターのモーター・ドライブは変速ドライブ (VFD)、周波数コンバーター、速度制御ドライブ (ASD) とも呼ばれます。これらのドライブは、AC 主電源の固定電圧を可変電圧に変換し、エレベーターを昇降させるケーブルやベルト・システムを駆動するモーターにとって最適なトルクと速度になるように制御を行います。

エレベーター・シャフト技術

このエレベーター・メーカーのベテラン電子技術者は、ドライブの通常のトラブルシューティングに Fluke ScopeMeter® テスト・ツール (125B/190) を使用しています。ところが最近、新型 Fluke MDA-550 モーター・ドライブ・アナライザーを使用するようになりました。この技術者は、25 年にわたり軍用の電子機器や通信機器などを扱ってきた、高いスキルを持つ、テクニカル・スクールの卒業者です。

彼によると、新型モーター・ドライブ・アナライザーはベテランと経験の少ない技術者の双方に大変役に立つと言います。

「ガイド付きで、誰にとっても優れたツールです。インターフェイスの指示に従って測定プロセスを進められます」と、この電子技術者は述べています。

トラブルシューティングを容易に

MDA は携帯型オシロスコープとマルチメーターを搭載しており、見やすい図とステップごとの手引きによりテストが行えます。

「MDA の優れた点は、熟練した技術者でもツールのセットアップ方法を図で確認できることです。テストの時間を節約できます」(同技術者)「未熟な技術者は、テストの前にセットアップを確認して、ステップごとにテストを進められます。」

MDA は、次をはじめとするすべての主要テストのガイドが搭載されています。

  • ドライブ入力
  • DC バス ­ リップル
  • ドライブ出力
  • モーター入力
  • モーター・シャフト電圧

「この MDA はあらゆる機能を備えています。最高のアップグレードです。仕事が簡単に終わります。実行可能な測定は ScopeMeter と同じですが、こちらの方が使いやすいです。テストを選んで設定をするだけで始められます。

Fluke モーター・ドライブ・アナライザーの指示に従ってテストを行えばよく、必要な計算の多くは自動で行われるので、確実に結果を得ることができます。また、ほとんどすべてのテスト・ポイントでデータをレポートに保存でき、CMMS (Computerized Maintenance Management System) にアップロードすることや、同僚やコンサルタントと共有することが可能です。

「オシロスコープを手動設定することもできますが、MDA のテストはすべて設定済みですぐに使えます。1 日に多くの測定をするときは、大きな時間節約になります」

F-MDA-550-01a

疑いのある問題を確認して修正

最近のサービス・コールで、この電子技術者は病院の大型エレベーターのトラブルシューティングを担当しました。「稼動年数が 14 年のモーター・ドライブには負荷時にリップルが見られました。DC リンクのリップルです。コンデンサーの経年変化が原因であると考えられました。これらは年数とともにドライアップします」

「そのため、コンデンサーが必要とする電流が増え、エレベーターが消費する電流が多くなります。コンデンサーの能力が低下し、電力が無駄になります。

MDA を使った DC バスと DC リップルのテストはすぐに完了し、予想どおりの結果を確認できました」

彼らはコンデンサー群を交換し、問題を解決することができました。

「オシロスコープを手動設定することもできますが、MDA のテストはすべて設定済みですぐに使えます。1 日に多くの測定をするときは、大きな時間節約になります」

さらに詳細な情報をご希望ですか?

デモ依頼フォームに記入いただくと、フルークの認定エンジニアより連絡の上、デモの日時を調整いたします。お客様の現場で、必要な測定を重点に、実践的なデモを実施します。デモを通じて、当社の機器がいかに使いやすいかがおわかりいただけると思います。また、機器と関連アクセサリーのトレーニングとコンサルティングも実施しております。最適な機器を選択して購入いただき、最大限ご活用ください。

無料のデモ版をダウンロード