フルーク438-II電力品質とモータアナライザ(この商品は現在国内で販売しておりません。)

  • Fluke 438-II 電力品質/モーター・アナライザー | Fluke
  • Fluke 438-II 電力品質/モーター・アナライザー | Fluke
  • Fluke 438-II 電力品質/モーター・アナライザー | Fluke
  • Fluke 438-II 電力品質/モーター・アナライザー | Fluke

主な機能

Fluke 438-Ⅱ は理想的なポータブル・モーター分析テスト・ツールです。三相および単相配電システムの電力品質問題の検出、予測、防止、トラブルシューティングを支援し、モーター性能評価を効果的に行うために必要な機械情報と電気情報を取得できます。

  • ダイレクト・ドライブのモーター、および特定の可変周波数ドライブ・システムにより駆動されるモーターの主要パラメーター (トルク、RPM、機械動力、モーター効率など) の測定
  • ディレーティング係数を負荷に対してプロットして、動的にモーターを分析 (NEMA ガイドライン準拠)
  • 機械動力と効率を計算。機械センサーは不要で、入力コンダクターに接続するだけで準備完了
  • 電圧、電流、電力、皮相電力、力率、高調波歪み、不均衡などの電力パラメーターを測定し、モーター効率に影響する特性を検出
  • ディップ、スウェル、過渡電流、高調波、不均衡などの電力品質の問題を特定
  • PowerWave データ技術により RMS データをすばやく捕捉。電気システムの変動 (発電機の始動、UPS 切り換えなど) を示す半周期平均と波形を表示
  • 設定不要で使える波形捕捉機能は、すべてのモードで、検出されたイベントごとの 100/120 サイクル (50/60 Hz) を捕捉
  • 自動過渡電流モードでは、全位相同時に 200 kS/s で最高 6 kV まで波形データを捕捉
  • Fluke Connect™対応* – Fluke Connect モバイル・アプリや PowerLog 430-Ⅱ デスクトップ・ソフトウェアを使って、機器上でデータを表示できます。
  • 工業用基準に準拠した安全性。現場測定用として 600 V CAT IV/1000 V CAT III に適合
 

Fluke 438-II の機械計測機能

モーター・トルク
モーターから生じ、被駆動側の機械負荷に伝達される回転力を計算します (lb ft または Nm 単位で表示)。モーター・トルクは、電気モーターが駆動する回転機器の瞬時機械性能の特徴を示す、唯一最大の重要な変数です。

モーター速度
Fモーター・シャフトの回転速度を瞬時に測定できます。モーター速度をモーター・トルクと組み合わせると、電気モーターが駆動する回転機器の機械性能についてスナップショットを得ることができます。

モーターの機械的負荷
モーターが生成する実際の機械動力を測定し (hp または kW 単位で表示)、モーター電流に限定せずに、過負荷条件への直接的な関連が分かります。

モーター効率
機械、アセンブリ・ライン、工場、施設内の各モーターについて、有効な機械的動力への電力の変換効率を示します。各モーターの効率を適切に集計すると、全効率 (集計) を見積もることができます。観察した作動条件で期待されるモーター効率と比較すれば、モーターのエネルギー非効率性に起因するコストを定量化できます。

処理方法
独自のアルゴリズムにより、Fluke 438-Ⅱ 電力品質/モーター・アナライザーでは、三相電流と電圧の波形を使ってモーター・トルク、速度、負荷、効率を 1 秒の更新レートで計算します。電圧/電流波形の観察から得られるモーターのエア・ギャップ磁界を基に測定します。機械センサーと煩わしい無負荷モーター・テストは不要なので、電気モーターの全体的性能を従来よりも短時間で分析できます。

モータのタイプ
Fluke 438-II は、ダイレクト・ドライブのモーターおよび可変周波数駆動 (VFD) 方式のモーターのどちらでも解析できます。VFD は、電圧/周波数レンジが 40Hz ~ 70Hz、搬送波のレンジが 2.5kHz ~ 20kHz の電圧制御システム (VSI) を備えている必要があります。

 

Motor Analyzer Electrical 電気モーター分析

Fluke 438-Ⅱ では、電気パラメーターの全項目が提供されます。モーター分析を開始する前に、基準電力品質測定を実施して、基準値に対して電気設備出力の高調波と不均衡の状態を評価するようお勧めします。高調波と不均衡の特性はモーター性能に深刻な影響を与えるおそれがあるためです。

モーター分析モードでは、結果が電気性能、機械性能、ディレーティングの分類で集計されます (NEMA 推奨に準拠)。

わかりやすい 4 色表示の重要度スケールにより、定格電力、力率、不均衡、高調波などの推奨電気パラメーター・レベルとの関連で、モーター性能を表示します。

 

Motor Analyzer Mechanical 機械動力については、機械出力とモーター・トルクおよび速度を瞬時に表示できます。瞬時に機械出力と電力を比較して、効率をライブ測定できます。この機能により、各作動サイクルで機械性能を簡単に測定できます。

 

Motor NEMA Derating NEMA ディレーティング画面は、負荷と電気条件が変わるたびに更新され、新たな測定値が許容値グラフに "+" でプロットされます。この例では、モーターが許容値内ですが、荷重補正係数に近い値です。これは、電力品質の緩和、モーターのメンテナンス、その他の性能改善調整の必要があることを示しています。テストを高い頻度で実施すれば、既知のベンチマークや性能トレンドを確立できるため、情報に基づいてメンテナンス投資を意思決定できるようになります。

 

*地域によっては販売されていない機種もあります。フルークまでお問い合わせください。

デモ機貸出・見積はこちら今すぐ購入

製品概要: フルーク438-II電力品質とモータアナライザ(この商品は現在国内で販売しておりません。)

(この商品は現在国内で販売しておりません。)
1 台のテスト・ツールで電気モーターの電気性能と機械性能をすばやく簡単に検出し、電力品質を評価

Fluke 438-II 電力品質およびモーター・アナライザーには、Fluke 430 シリーズ II 電力品質アナライザーの高度な電力品質分析機能に加えて、主要な機械測定機能が新しく搭載されました。主要な電気性能と機械性能のパラメーターをすばやく簡単に測定、分析できます。電力、高調波、不均衡、モーター回転数、トルク、機械動力などの測定が可能で、機械センサーは不要です。Fluke 434-II、435-II、437-II 電力品質アナライザーのユーザーは、Fluke-438-II/MA モーター・アナライザーのアップグレード・キットを使って、既存の機器にモーター分析機能を追加することができます。

仕様: フルーク438-II電力品質とモータアナライザ(この商品は現在国内で販売しておりません。)

ドライブ測定の詳細
モータのタイプ三相非同期 (誘導モーター)
電源の供給源可変周波数ドライブ
モーターの周波数レンジ40Hz ~ 70Hz
公称 V/f 曲線を基準とした過電圧/不足電圧 (%)-15% ~ +15%
搬送周波数レンジ2.5kHz – 20kHz
Fluke 438-II が対応している可変速度ドライブ技術
インバーターのタイプVSI のみ (電圧制御)*
制御方式V/f 制御、開ループ・ベクトル、閉ループ・ベクトル、エンコーダー使用。
周波数40 Hz ~ 70 Hz
* VSI ドライブは最もよく使用されている駆動方式です。もう 1 つの方式である CSI ドライブは、より高い電力のアプリケーションに使用されています。
Fluke 438-II が対応していない可変速度ドライブ技術
インバーターのタイプCSI (電流源インバーター)
モーターのタイプ非同期方式 (DC、ステッピング、永久磁石など)
モーター周波数40 Hz ~ 70 Hz
本体仕様
3 線接続の直入れ始動モーターで、機械測定を実施することができます。
 レンジ分解能確度デフォルトのリミット
モーター測定
機械モーター

出力
0.7 kW ~ 746 kW

1 hp ~ 1000 hp
0.1 kW

0.1 hp
±3% ="1"

±3% ="1"
100% =定格出力

100% = 定格出力
トルク0 Nm ~ 10,000 Nm

0 lb ft ~ 10,000 lb ft
0.1 Nm

0.1 lb ft
±5% ="1"

±5% ="1"
100% = 定格トルク

100% = 定格トルク
rpm0 rpm ~ 3,600 rpm1 rpm±3% ="1" 100% = 定格 rpm
効率0% ~ 100%0.10%±3% ="1" 該当なし
不均衡 (NEMA)0% ~ 100%0.10%± 0.15 %5 %
高調波電圧*
係数 (NEMA)
0 ~ 0.20±1.5%0.15
不均衡ディレーティング*
係数
0.7 ~ 1.0参考値該当なし
高調波ディレーティング*
係数
0.7 ~ 1.0参考値該当なし
総 NEMA ディレーティング*
係数
0.5 ~ 1.0参考値該当なし
* ディレーティング係数は、可変周波数ドライブによって駆動されるモーターには適用されません。
注記:モーター設計タイプ NEMA A、B、C、D、E と、IEC タイプ H、N に対応。
定格トルクは定格出力と定格速度から計算。
モーター測定の更新レートは 1 秒ごと。
デフォルトの傾向期間は 1 週間。
="1"モーター設計タイプ [その他] を選択した場合は 5% の誤差を追加。
仕様は定格出力 30% を上回るモーター出力に対して有効
仕様は安定した作動温度下で有効。温度を安定させるには、モーターを最大負荷で少なくとも 1 時間運転
(モーターが 50 HP 以上の場合は 2 ~ 3 時間)
電気仕様
 モデル測定レンジ分解能確度
ボルト
Vrms (AC + DC)Fluke 435-II1 V ~ 1000 V 相およびニュートラル0.01 V公称電圧の ±0.1%****
Vpk1 Vpk ~ 1400 Vpk1 V公称電圧の 5 %
電圧クレスト・ファクター (CF)1.0 > 2.80.01±5 %
Vrms½Fluke 435-II0.1 V公称電圧の ±0.2%
VfundFluke 435-II0.1 V公称電圧の ±0.1%
電流 (クランプ確度を除く確度)
電流 (AC + DC)i430-Flex 1x5 A ~ 6000 A1 A±0.5% ±5 カウント
i430-Flex 10x0.5 A ~ 600 A0.1 A±0.5% ±5 カウント
1 mV/A 1x5 A ~ 2000 A1A±0.5% ±5 カウント
1 mV/A 10x0.5 A ~ 200 A (AC のみ)0.1 A±0.5% ±5 カウント
Apki430-Flex8400 Apk1 Arms±5 %
1 mV/A5500 Apk1 Arms±5 %
クレスト・ファクター (CF)1 ~ 100.01±5 %
Amps½i430-Flex 1x5 A ~ 6000 A1 A±1% ±10 カウント
i430-Flex 10x0.5 A ~ 600 A0.1 A±1% ±10 カウント
1 mV/A 1x5 A ~ 2000 A1A±1% ±10 カウント
1 mV/A 10x0.5 A ~ 200 A (AC のみ)0.1 A±1% ±10 カウント
Afundi430-Flex 1x5 A ~ 6000 A1 A±0.5% ±5 カウント
i430-Flex 10x 0.5 A ~ 600 A0.1 A±0.5% ±5 カウント
1 mV/A 1x5 A ~ 2000 A1A±0.5% ±5 カウント
1 mV/A 10x0.5 A ~ 200 A (AC のみ)0.1 A±0.5% ±5 カウント
ヘルツ
HzFluke 435 (公称 50 Hz)42.500 Hz ~ 57.500 Hz0.001 Hz±0.01 Hz
Fluke 435 (公称 60 Hz)51.000 Hz ~ 69.000 Hz0.001 Hz±0.01 Hz
電源
W (VA、var)i430-Flex最大 6000 MW0.1 W ~ 1 MW±1% ±10 カウント
1 mV/A最大 2000 MW0.1 W ~ 1 MW±1% ±10 カウント
力率 (Cos j/DPF)0 ~ 10.001公称負荷条件で ±0.1%
エネルギー
kWh (kVAh、kvarh)i430-Flex 10xクランプ・スケーリングおよび公称電圧に依存±1% ±10 カウント
エネルギー損失i430-Flex 10xクランプ・スケーリングおよび公称電圧に依存±1 % ±10 カウント (回線抵抗確度を除く)
高調波
高調波次数 (n)DC、1 ~ 50 のグループ化: IEC 61000-4-7 準拠の高調和グループ
内部高調和次数 (n)オフ、1 ~ 50 のグループ化: IEC 61000-4-7 準拠の高調和サブグループと次数間高調和サブグループ
ボルト%f0.0% ~ 100%0.1%±0.1% ±n x 0.1%
%r0.0% ~ 100%0.1%±0.1% ±n x 0.4%
絶対圧0.0 ~ 1000 V0.1 V±5% *
THD0.0% ~ 100%0.1%±2.5%
電流%f0.0% ~ 100%0.1%±0.1% ±n x 0.1%
%r0.0% ~ 100%0.1%±0.1% ±n x 0.4%
絶対圧0.0 ~ 600 A0.1 A±5% ±5 カウント
THD0.0% ~ 100%0.1%±2.5%
Watts%f または %r0.0% ~ 100%0.1%±n x 2%
絶対圧クランプ・スケーリングおよび公称電圧に依存±5% ±n x 2 % ±10 カウント
THD0.0% ~ 100%0.1%±5 %
位相角-360 ° ~ +0 °±n x 1°
フリッカー
Plt、Pst、Pst (1 分)、Pinst0.00 ~ 20.000.01±5 %
不平衡
ボルト%0.0% ~ 20.0%0.1%± 0.1 %
電流%0.0% ~ 20.0%0.1%±1%
本線信号
しきい値レベルしきい値、限度、発信期間は 2 つの信号周波数でプログラム可能
信号周波数60 Hz ~ 3000 Hz0.1 Hz
個別 V%0% ~ 100%0.10%±0.4%
絶対 V3 (平均 3 秒)0.0 V〜1000 V0.1 V公称電圧の ±5 %
一般仕様
ケース耐衝撃性に優れた堅牢な設計。一体型の保護ホルスター・ドリップ。IEC60529 に準拠した IP51 防塵等級。立て掛け傾斜姿勢で使用した場合、衝撃と振動衝撃 30 g まで、正弦波振動 3 g まで、ランダムな振動 0.03 g 2/Hz まで (MIL-PRF-28800F クラス 2 に準拠)
ディスプレイ明るさ: 電力アダプターを使用した場合、標準で 200 cd/m 2。バッテリー電力を使用した場合、標準で 90 cd/m 2。寸法: 127 mm x 88 mm (対角線で 153 mm/6.0 インチ)。LCD 分解能: 320 x 240 ピクセル。コントラストと明るさ: ユーザー調整可能、温度補償
メモリー標準で 8 GB (オプションで最大 32 GB) の SD カード (SDHC 準拠、FAT32 フォーマット済み)。スクリーン・ショットの保存機能、および測定記録を含むデータ保存用メモリーを複数作成可能 (メモリーサイズによる)
リアルタイム・クロックトレンドモードでの日時スタンプ、過渡表示、システム・モニター、イベント捕捉
環境仕様
作動温度 0 °C ~ +40 °C、+40 °C ~ +50 °C (バッテリーに限る)
保管温度-20 °C ~ +60 °C
湿度+10 °C ~ +30 °C: 95 % RH 結露なし
+30 °C ~ +40 °C: 75 % RH 結露なし
+40 °C ~ +50 °C: 45 % RH 結露なし
最大作動高度最大 2,000 m (CAT IV 600 V、CAT III 1000 V の場合)
最大 3,000 m (CAT III 600 V、CAT II 1000 V の場合)
最大保管高度 12 km
電磁両立性 (EMC)EN 61326 (2005-12)、放射と耐性
インターフェイスmini-USB-B、PC 接続用独立型 USB ポート、機器バッテリー背面に SD カード・スロット
保証本体については 3 年間 、アクセサリーについては 1 年間

* 公称電圧の 1 % 以上の場合は ±5%、公称電圧の 1 % 未満の場合は公称電圧の ±0.05%
** 50 Hz/60 Hz (IEC 61000-4-30 準拠の公称周波数)
*** 400 Hz 測定はフリッカー、本線信号、モニター・モードには対応していません。
**** 公称電圧が 50 V ~ 500 V の場合

モデル: フルーク438-II電力品質とモータアナライザ(この商品は現在国内で販売しておりません。)

Fluke-438-II

三相電力品質/モーター・アナライザー

購入する

付属品:

  • テスト・リード・セット
  • i430 薄型フレキシブル電流プローブ (4)
  • バッテリー
  • 電源アダプター
  • WiFi 内蔵 SD カード
  • ソフト・キャリー・ケース
  • PowerLog 430-II ソフトウェアおよびユーザー・ドキュメント収録 CD ROM
Fluke-438-II/Basic

三相電力品質/モーター・アナライザー (電流フレキシなし、FC WiFi SD カード別売)

購入する

付属品:

  • テスト・リード・セット
  • バッテリー
  • 電源アダプター
  • 8GB SD カード
  • ソフト・キャリー・ケース
  • PowerLog 430-II ソフトウェアおよびユーザー・ドキュメント収録 CD ROM
Fluke-438-II/INTL

三相電力品質/モーター・アナライザー (国際仕様、FC WiFi SD カード別売)

購入する

付属品:

  • テスト・リード・セット
  • i430 薄型フレキシブル電流プローブ (4)
  • バッテリー
  • 電源アダプター
  • 8GB SD カード
  • ソフト・キャリー・ケース
  • PowerLog 430-II ソフトウェアおよびユーザー・ドキュメント収録 CD ROM
Fluke-438-II/MA

430-II モーター・アナライザー・アップグレード・キット

購入する

付属品:

  • 既存の Fluke 434、435、437 シリーズ II 電力品質アナライザーにモーター分析機能を追加するファームウェア・アップグレード・パッケージ