Fluke 368 True-rms リーク電流クランプ・メーター

  • Fluke 368 True-rms リーク電流クランプ・メーター | Fluke
  • Fluke 368 True-rms リーク電流クランプ・メーター | Fluke
  • Fluke 368 True-rms リーク電流クランプ・メーター | Fluke
  • Fluke 368 True-rms リーク電流クランプ・メーター | Fluke

主な機能

  • 真の実効値により、正弦波以外の複雑な波形でも高い確度で測定
  • 開口部: 40 mm
  • 1 μA の最高分解能、最大 60 A まで測定可能
  • 選択可能なフィルター機能で、不要なノイズを排除
  • 最大/最小/平均値を測定し、ホールド機能にも対応
  • 装置正面の LED 作業灯で、暗い配線キャビネット内でも使用可
  • バックライト付きのディスプレイ。バックライトと電源の自動オフ機能で、電池寿命がより長く
  • CAT III 600 V の安全性評価
  • ダウンタイムの減少 - 機器をオフラインにせずにリーク電流を検出可能
今すぐ購入

製品概要

Fluke 368 True-rms リーク電流クランプ・メーターは、想定外のダウンタイムを防ぎ、GFCI および RCD の断続的なトリップを特定できます。機器は活線状態のまま測定可能です。

直径 40 mm の広い開口部を備えているため、大型導体の測定にも対応できます。 クランプのジョーは完全に遮蔽されており、極めて小さいリークも高い確度で捉え、外部の電磁干渉を最小限に抑えます。

モデル

Fluke 368 FC

Fluke 368 True-rms リーク電流クランプ・メーター

購入する

標準付属品

  • リーク電流クランプ・メーター
  • ソフト・ケース
  • 安全に関するマニュアル
  • バッテリー: 単三電池 2 本

仕様

電気的仕様
測定機能 交流
AC アンペア・レンジ 3 mA, 30 mA, 300 mA, 3 A, 30 A, 60 A
範囲選択 mA / A: 手動選択
3 mA / 30 mA / 300 mA: 自動選択
3 A / 30 A / 60 A: 自動選択
範囲 / 分解能 3 mA¹ / 0.001 mA
30 mA / 0.01 mA
300 mA / 0.1 mA
3 A / 0.001 A
30 A / 0.01 A
60 A / 0.1 A
確度 – フィルター有効時 (40 to 70 Hz), フィルター無効時 (40 to 1 kHz)² 3 mA – 30 A
60 A
1% + 5 カウント
2% + 5 カウント
周波数 40 Hz to 1 kHz
クレスト・ファクター 3
確度は、校正後 1 年間有効です。確度は ± (読み取り値の% + カウント) で表します。基準条件は 23 ± 5 °C、相対湿度最大 80%。
¹最小値は 10 μA rms.
²TC/°C 範囲外 18 °C ~ 28 °C, 0.02 + 1
物理的仕様
ディスプレイ (LCD) デジタル測定値: 3300 カウント
画面のリフレッシュ・レート 4 回 / 秒
最大導体径 40 mm
外見寸法 234 x 101 x 46 mm
重量 500 g
電池 単三 x 2、IEC LR6、NEDA 15A、アルカリ
電池寿命 150 時間 (バックライトとスポットライトを使用しない場合)
自動シャットダウン 15 分間何も操作しないと、メーターが自動的にシャットダウンする
安全および環境仕様
一般的安全仕様 IEC 61010-1: 汚染度 2
測定の安全性 IEC 61010-2-032: CAT III 600 V / CAT IV 300 V
作動温度 -10 °C to +50 °C
保管温度 -40 °C to +60 °C
作動湿度 結露なし (<10 °C)
相対湿度 90% (10 °C ~ 30 °C)
相対湿度 75% (30 °C ~ 40 °C)
相対湿度 45%(40 °C ~ 50 °C)
保護クラス IEC 60529: IP30 (ジョーがクローズした状態 )
作動高度 2000 m
保管高度 12000 m
電流センサー作動カテゴリー IEC 61557-13: クラス 2, ≤30 A / m
電磁両立性 (EMC)
国際規格
IEC 61326-1 工業電磁環境
CISPR 11 グループ 1 クラス B
グループ 1 装置の内部機能のためにエネルギーを伝達する際に、無線周波数エネルギーを機器内部で発生するか、用いていること (あるいはその両方) が条件。
クラス B 低圧電源ネットワーク機器に直接接続される家庭用電気製品や住宅機器。この装置を試験対象物に接続すると、CISPR 11 要件に規定される放出レベルを超えるおそれがあります。
韓国 (KCC): 機器タイプ (無線および通信機器業界)
クラス A この製品は工業電磁機器の要件を満たしており、ベンダーとユーザーはこのことを認識している必要があります。この装置は、家庭環境ではなく、商業施設での使用を意図したものです。
USA (FCC): 47 CFR 15 B サブパート 製品が非課税とみなされる場合に限り、セクション 15.103 に準拠。

リソース