Keeping your world up and running.®
ホーム  |  ソリューション・センター  |  本質的安全  |  ホーム

本質的安全


“本質的安全” とは?

本質的安全製品は、どのような産業向けに設計されていますか? »

燃焼に必要な 3 要素とは何ですか? »

規制やガイドラインには、どのようなものがありますか? »

認定評価機関の例 »

製品評価制度について理解する »

フルーク の本質的安全製品


Fluke 707Ex 防爆型ループ校正器  »

Fluke 718Ex 防爆型圧力校正器 »

725Ex 多機能プロセス校正器 »


“本質的安全” とは?

爆発の潜在的危険性のある雰囲気で使用する保護方策です。IS 認定ツールは、可燃物の引火を引き起こす可能性のあるエネルギーの放出を防止するように設計されています。IS 規格は、定義されている以下の一連の爆発源のうち、1 つ以上を作り出す可能性のあるすべての装置に適用されます。

  • 電気の火花
  • アーク放電
  • 高温面
  • 静電気
  • 電磁放射
  • 化学反応
  • 機械的衝撃
  • 機械的摩擦
  • 圧縮点火
  • 音響エネルギー
  • 電離放射線

本質的安全製品は、どのような産業向けに設計されていますか?

  • 石油化学
  • 石油プラットフォームや製油所
  • 製薬
  • パイプライン
  • 爆発性のガスまたは蒸気が存在する可能性のあるすべての環境

燃焼に必要な 3 要素とは:

  • 可燃物 (ガス、粒子/埃)
  • 酸素/空気
  • 点火源

この組み合わせは、化学、石油化学、製薬業界で非常によく見られます。以下に示す点火に必要な可燃材料の量の例を見ると、作業者に危険を呈する量がどれほど少量であるかがわかります。


物質

爆発の下限 (容積 %)

アセチレン 2.3
エチレン 2.3
ガソリン ~0.6
ベンゾール 1.2
天然ガス 4.0(7.0)
灯油/ディーゼル ~0.6
メタン 4.4
プロパン 1.7
二硫化炭素 0.6
水素 4.0

規制やガイドラインには、どのようなものがありますか?

ATEX (欧州)

欧州連合の 94/9/EC 指令。一般的に ATEX ("Atmospheres Explosibles": 爆発性雰囲気) と呼ばれています。爆発の危険性のある雰囲気で使用される保護システムおよび装置のための欧州の主要な規制です。この指令は、完全な調和指令として機能するように意図され、重要な健康および安全性の要件を定め、分岐していた既存の国家および欧州の規制を置き換えました。

2003 年 7 月 1 日から、EU 内で販売される、爆発の危険がある環境で使用される電気装置および電子装置について、この指令に準拠することが義務付けられました。

ATEX の派生法が、現在世界中で採用されています。

NEC (米国)

National Electrical Code (NEC: 米国電気工事規定) は、米国のすべての電気規定の基本です。NEC 500 および 505 には、危険区域の分類と関連製品のマーキングについて定められています。長年にわたり施行されてきた NEC 500 の解釈は、現在全世界 (欧州外) で使用されています。NEC 505 は、ATEX に類似しています。


認定評価機関の例

Factory Mutual

Factory Mutual (FM) Global によって管理される Factory Mutual Research (工場相互保険研究所) は、爆発の危険がある雰囲気で使用される装置の認定ガイドラインを設定しました。

カナダ規格協会 (CSA)

カナダのトロントを本拠地とする、北米の規定の認定評価機関です。
 

ZELM

ドイツにある、欧州 ATEC の認定評価機関です。
 

KEMA

オランダにある、欧州 ATEX の認定評価機関です。


製品評価制度について理解する

認定された各本質的安全機器は、ATEX および NEC または Factory Manual 規格のいずれかに照らして評価されます。対応する評価体系を使用することで、その装置がどの区域、保護タイプ、ガス・グループ、温度等級に認証されたのかを知ることができます。

例: Fluke 707ex は、ATEX 認証 II 2 G Ex ia IIC T4 です。


ATEX 認証マーク。このマークは、欧州の危険区域で使用されるすべての機器に貼付する必要があります。
II 2 G 区域の分類です。II は、炭鉱区域以外のすべての産業でツールの使用が認可されることを示します。2 は、機器のカテゴリーを示します。この場合は、機器は 2 番目に危険なカテゴリーと評価されています。G 雰囲気を示します。この場合は、ガス、蒸気、ミストが指定されています。
Ex 欧州 Ex 規定に基づく防爆
ia 爆発からの保護のタイプ。この場合は、機器またはコネクターに供給するエネルギーを安全な値に抑制します。
IIC ガス・グループ。IIC 評価は、最も危険なガス・グループに対する対応を示します。
T4 温度等級は、最高表面温度です。
  Factory Mutual の分類の例: Fluke 707ex は、FM 認定 N.I. クラス 1、Div 2、グループ A-D、T4 です。
Factory Mutual 認定マーク。
N.I. 非発火性機器。その使用によって指定されている雰囲気が発火しないように、内部エネルギーが限定されています。
クラス I ガス、蒸気および液体に使用 (塵、繊維、粉には使用しない)
Div 2 ゾーン 2 での使用を認定。爆発性雰囲気は、通常は存在しないが、まれに短い期間存在することがあります。
グループ A-D アセチレン、水素、プロパンを含む、グループ A-D によって定義される爆発性ガスを用いた使用を認定。
        
ホーム   |   サイト・マップ   |   Fluke Corporation   |   安全性について
プライバシーに関する声明   |   利用規約   |   販売条件  |  Terms and Conditions of Service
© 1995 - 2017 Fluke Corporation