Keeping your world up and running.®
ホーム  |  製品情報  |  赤外線レンズ

赤外線レンズを使用することで、サイズや距離による制限のために、標準レンズでは観測が困難な対象も検査できるようになります。

Fluke の高性能シリーズおよび研究開発向けシリーズ・サーモグラフィーでは、豊富なアドオン・レンズが用意されています。TiX580、TiX560、TiX520、Ti480、Ti400、Ti300、および Ti200 サーモグラフィー用のレンズは、スマート・レンズです。つまり、特定の機種に合わせて校正を行なう必要がなく、対応する機種同士で交換して使用できます。そのため、レンズに合わせて校正を行なうために機器を返送する手間が省けるだけでなく、複数のサーモグラフィーで 1 つのレンズを共有することもできます。† Fluke のすべての赤外線レンズの光学ガラスは、高度な技術によりコーティングされた、検出器へのエネルギーの転送効率が最も優れた素材である、ダイヤモンド・ターニング加工による純度 100% のゲルマニウムを使用して製造されています。


  望遠 広角 マクロ
レンズの種類 望遠 » 広角 » マクロ »
被写体までの距離 遠距離~超遠距離 比較的近距離 至近距離
被写体のサイズ 小~中 大~特大 微小~極小

当社の視野角 (FOV) 計算機を使用して、お客様の要件に最適なレンズをご選択ください »

 

当社の赤外線レンズを使用した画像をご覧ください

 

望遠レンズ

標準レンズより、画像が 2 倍または 4 倍拡大されるため、より細部まで検査できます。


標準レンズ 2 倍レンズ 4 倍レンズ
標準レンズ 2 倍レンズ 4 倍レンズ

通常の保守作業や電気、加工設備などの検査では、2 倍望遠レンズを使用することで、装置の問題箇所を特定するのに不可欠な詳細な赤外線画像をキャプチャするために、危険なエリアに立ち入ったり、高い場所に登ったりする必要が少なくなります。

石油化学、送電設備、金属精製などの現場では、4 倍望遠レンズを使用することで、高い送電線の上にあるスプライスの不具合や燃焼煙突の上の耐火断熱材の加熱など、被写体が小さすぎたり、離れている場合でも、潜在的な問題箇所を特定できます。


機種名 説明 対応機器
FLK-Lens/Tele2 » 2 倍望遠赤外線スマート・レンズ† TiX580、TiX560、TiX520、Ti480、Ti400、Ti300、Ti200
FLK-Lens/4xTele2 » 4 倍望遠赤外線スマート・レンズ† TiX560、TiX520、Ti480、Ti400、Ti300、Ti200
FLK-Xlens/Tele » 2 倍望遠赤外線レンズ TiX1000、TiX660、TiX640、TiX620
FLK-Xlens/SupTele » 4 倍望遠赤外線レンズ TiX1000、TiX660、TiX640、TiX620
FLK-Lens/Tele1 » 2 倍望遠赤外線レンズ Ti32、Ti29、Ti27、TiR32、TiR29、TiR27

当社特許申請中のレンズ・アタッチメント・システムを使用することで、レンズをしっかりと固定できるようになるため、4 倍望遠レンズ使用時の安定性がさらに向上します。(TiX580/X560/X520/Ti480/400/300/200 の FLK-Lens/4xTele2 に付属)

視野角 (FOV) 計算機 »


 


 

広角レンズ

狭い場所で作業するときに、近い距離からでも被写体を大きく撮影できます。


標準レンズ 標準レンズ 広角レンズ - 同じ距離から建物の両側を一度に撮影可能
標準レンズ 標準レンズ 広角レンズ - 同じ距離から建物の両側を一度に撮影可能

電気設備の検査では、スイッチ・ギア・キャビネットのバンク全体、あるいはより広い範囲を赤外線ウィンドウから点検できます。

建物診断では、同時に撮影可能な範囲が広いため、より短時間でルーフィング/産業用建造物検査を行えます。


機種名 説明 対応機器
FLK-Lens/Wide2 » 広角赤外線スマート・レンズ† TiX580、TiX560、TiX520、Ti480、Ti400、Ti300、Ti20
FLK-Xlens/Wide » 広角赤外線レンズ TiX1000、TiX660、TiX640、TiX620
FLK-Xlens/Sup-Wide » 超広角赤外線レンズ TiX1000、TiX660、TiX640、TiX620
FLK-Lens/Wide1 » 広角赤外線レンズ Ti32、Ti29、Ti27、TiR32、TiR29、TiR27

視野角 (FOV) 計算機 »


 


 

マクロ・レンズ

わずか 25 ミクロンという、髪の毛の太さより微小な物体でも、細部に至るまで詳細な画像をとらえます。


標準レンズ - 通電時 25 ミクロン・マクロ・レンズ - 非通電時 25 ミクロン・マクロ・レンズ - 通電時
標準レンズ - 通電時 25 ミクロン・マクロ・レンズ - 非通電時 25 ミクロン・マクロ・レンズ - 通電時

研究開発では、温度パターンの変化による素材挙動/性能への影響を調査できます。

電子機器の設計や検証では、プリント基板の熱の蓄積と発散を詳細に調査したり、欠陥や小さすぎる部品を見つけ出し、それらの部品の欠陥箇所の位置を正確に特定することもできます。


機種名 説明 対応機器
FLK-Lens/25Mac2 » 25 ミクロン・マクロ赤外線スマート・マクロ・レンズ†
作動距離:
10 mm 以下
TiX560、TiX520
FLK-Xlens/Macro1 » 81 ミクロン (TiX1000) または 119 ミクロン (TiX660/640) マクロ赤外線レンズ
作動距離:
137 mm 以下
TiX1000、TiX660、TiX640、TiX620
FLK-Xlens/Macro2 » 32 ミクロン (TiX1000) または 47 ミクロン (TiX660/640) マクロ赤外線レンズ
作動距離:
47 mm 以下
TiX1000、TiX660、TiX640、TiX620
FLK-Xlens/Macro3 » 35 ミクロン (TiX1000) または 50 ミクロン (TiX660/640) マクロ赤外線レンズ (FLK-Xlens/Tele と組み合わせて使用する必要があります)
作動距離: 100 mm 以下
TiX1000、TiX660、TiX640、TiX620

 


 

視野角 (FOV) 計算機

被写体からの距離と撮影する必要があるスポット・サイズに基づいて、サーモグラフィー本体とレンズのどの組み合わせがお客様の用途に最適であるかを判定します。


†TiX560、TiX520、Ti400、Ti300、および Ti200 用のレンズは、スマート・レンズです。 これらのレンズは校正済みであるため、特定のサーモグラフィーに合わせて校正する必要がなく、対応する機器間で交換可能です。TiX1000、TiX660、および TiX640 用のレンズについては、特定の機器に合わせて校正する必要があります。Ti32、Ti29、Ti27、TiR32、TiR29、および TiR27 用のレンズには、校正ファイルが付属しているため、校正のためにサーモグラフィー本体をお送りいただく必要はありません。

        
ホーム   |   サイト・マップ   |   Fluke Corporation   |   安全性について
プライバシーに関する声明   |   利用規約   |   販売条件  |  Terms and Conditions of Service
© 1995 - 2017 Fluke Corporation